1. HOME
  2. Pick up

オリーブオイル、どうやって選んでいますか?


オリーブオイル3種
今やとっても身近な存在になった「オリーブオイル」。なんとなく、使うと料理が美味しくなったり、健康に良さそうなイメージがあったりする、という方も多いと思います。私も、日々使うオリーブオイルにはこだわりたいタイプ。

今回は、「品質の良いオリーブオイルってどういうもの?」や「どうしてオリーブオイルにこだわるの?」といったポイントについて、UNCORKで取り扱っている商品のご紹介を交えてまとめてみました。

本当に品質の高いオリーブオイルってどういうもの?


・オリーブオイル=オリーブ果汁です
オリーブの木
オリーブオイルとは、オリーブの実を搾って採取したオリーブ果汁のこと。中でも、酸度が0.8%以下のものだけが、「エクストラヴァージンオリーブオイル」を名乗ることができます。これは、国際オリーブ委員会の基準によるものです。


・品質の高いオリーブオイルとは
オリーブオイル
オリーブ果汁であるオリーブオイルの味わいと品質において、一番大切なのがフレッシュさ。オリーブは収穫したその瞬間から酸化して品質が劣化していくので、酸度を低く保つためには収穫からできるだけ早く圧搾する必要があります。

酸度が低い方が、オリーブオイルの成分であるオレイン酸やビタミンも良質なまま保たれますので、「酸度が低いオリーブオイル」=「オリーブそのものの味わいを保つことができているフレッシュで高品質なオリーブオイル」ということになります。


・エクストラヴァージン以外もある!オリーブオイルの種類
オリーブオイル3種
オリーブオイルにはほかにも「ヴァージンオリーブオイル」や「オリーブオイル」といった品質分類がありますが、これは「エクストラヴァージンオリーブオイル」とは全く別物。 「ヴァージンオリーブオイル」はオリーブ果汁のみ、酸度は2.0%以下のものを指しますが、「オリーブオイル」と分類されるものは添加物の使用も認められています。

酸化した油が健康に良くないのはもちろんですが、味わいの面でも酸化は大敵です。酸化した油は風味も落ちているので、食材や料理の味わいを最大限に引き出すためにも、ぜひ「エクストラヴァージンオリーブオイル」の使用をおすすめします。


どうしてオリーブオイルにこだわるの?

オリーブオイル3種
これまでにお伝えしてきた通り、「酸化していないフレッシュなオリーブオイル」の方が安心できる、というのはもちろんのこと、本当に品質の高いオリーブオイルはとても美味しいから!というのが一番の理由です。

本当に品質の高いエクストラヴァージンオリーブオイルは、
・料理や食材の持つ風味を引き出してくれる
・オリーブオイル特有のニュアンスを与えることで、料理に個性をもたらしてくれる
という特徴があります。

美味しいオリーブオイルを使うことで、料理の味がぐんとよくなり、いつものメニューも本格的な味わいにグレードアップさせてくれます。

UNCORK厳選!オリーブオイル3種の違い

・ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ エクストラヴァージンオリーブオイル
ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ
「ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ エクストラヴァージンオリーブオイル」の特徴は、口に入れた途端に感じるピリッとした強い辛み。初めて食べると驚いてしまうほどの特徴的な辛みこそ、このオリーブオイルの魅力です。

酸度は0.2%未満。鮮度を保つための「コールドプレス製法」により、フレッシュさが保たれています。化学農薬不使用、オリーブオイル・ジャパンで2度の金賞を獲得したオイルです。

\ステーキにぴったり!/
「ヴィッラ・ディ・ヴェトリチェ」でまず試していただきたいのが、このオイルと塩をかけて食べる牛赤身肉のステーキ。ピリッとスパイシーな味わいが肉の旨みをぐんと引き出し、レストランで食べるような上質な味わいにしてくれます。お肉好きのかたにぜひおすすめしたいオリーブオイルです。


・パゴ・デ・バルデクエバス エクストラヴァージンオリーブオイル
バルデクエバス
「パゴ・デ・バルデクエバス エクストラヴァージンオリーブオイル」は、収穫から平均30分以内に圧搾することによって生み出される「フレッシュさ」が魅力。酸度は驚きの0.1%台と、UNCORKで取り扱っているオリーブオイルの中で最も酸度の低いオイルです。

味わいはフレッシュでマイルド。辛みはあまり強くないので、生野菜やお魚のカルパッチョ、お野菜や魚のグリルなど、シーンや食材を選ばず、幅広いお料理に使っていただけます。 食卓にオリーブオイルを取り入れたいけど、どれを選べばいいかわからない…という方に、ぜひおすすめしたいオリーブオイルです。

\万能なだけでなく、揚げ物にも活躍!/
生食のイメージが強いオリーブオイル。揚げ物に使ってもいいの?と思われるかもしれませんが、仕上がりがカラッとしていてとても美味しいです。オリーブオイル特有の風味も全く気になりません。

通常フライを揚げる温度は180度が最適とされていますが、オリーブオイルの発煙点は222度。そのため、エクストラヴァージンオリーブオイルは食材に吸収されることなくカラッと軽く仕上がる上に、独特の風味や個性をそのまま保ってくれます。

また、酸化しにくいため一般的な油は一度しか使えないのに対して、UNCORKで取り扱っているオリーブオイル生産者の「パゴ・デ・バルデクエバス」は、「うちのエクストラヴァージンオリーブオイルは9回まで揚げ油として使うことができる!」と教えてくれました。美味しいうえに経済的なところも、使っていてうれしいポイントです。


・ロマーノ レモンオリーブオイル
レモンオリーブオイル
これまでの二つはエクストラヴァージンオリーブオイルでしたが、こちらはちょっと珍しいレモンの風味豊かなフレーバーオイルです。
レモンの香り・風味がしっかりとしていて、お料理にひと回しかけるだけで柑橘の爽やかさがプラスされます。

\100mlでポイント使いできる嬉しいサイズ感!/
サラダはもちろん、茹で野菜、グリルした野菜にひと回して塩をぱらりとかけるだけで美味しい一品に。レモンはかならず冷蔵庫にある野菜、というわけではないと思うので、これがあればすぐにお料理にレモンの風味を加えることができて便利ですよ。

サイズは100mlと小ぶりなので、使い切れないかも…という心配もありません。レモンをかけて食べたいサラダやカルパッチョなどに、手軽にレモン感を加えてくれる便利なオリーブオイルです。



いかがでしたか?
一口にオリーブオイルと言っても、タイプや味わいは様々。食材やお料理に合わせて、使うオイルを変えるのも楽しいものです。 美味しいオリーブオイルがあるだけで、いつもの食事もぐんと風味がよくなりますので、ぜひ普段の食事に美味しいオリーブオイルを取り入れてみてください。


M.Sasaki

プロフィール

M.Sasaki

UNCORKスタッフ。趣味は食器やインテリアグッズを集めることと、日々のおやつと、演劇を観ること。お休みの日に、パッと作れるおつまみと一緒に、家族や友人とのんびりワインを飲むのが好き。J.S.Aソムリエ。