ソムリエが選ぶ、ワイングッズとワインのおつまみの専門店 アンコルク / 10,000円以上お買い上げで送料無料!

UNCORKについて

ワイングラス

当店限定

ザ・ジャンシス・ロビンソン ワイングラスコレクション

赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインなど、あらゆる種類のワインがたった1脚で楽しめる万能ワイングラス。英国王室のセラーを管理するワインのスペシャリスト、ジャ ンシス・ロビンソンが監修したグラスシリーズ。

CLOSE

ワイングラスの洗い方・拭き方・保管方法 ワインのプロが自宅で実践している方法

ワイングラスの洗い方・拭き方・保管方法 ワインのプロが自宅で実践している方法

更新


ジャンシス・ロビンソン ワイングラスの洗い方
ガラスを極限まで薄くした高品質なグラスは、ワインの繊細な風味まで気づかせてくれます。 しかし、いかにも繊細に見えるワイングラスを割ってしまうのではないかと、棚にしまいがちになっていませんか?

お手入れのコツを抑えれば、お気に入りのワイングラスを曇りなく輝きをキープしたまま、長く愛用することができます。ワイングラスの「洗い方」と「拭き方」、そして、「保管方法」について、ワインのプロが実践しているお手入れ方法をご紹介します。





もう割らない!ワイングラスの洗い方

▷ Point1 「酔っているときは洗わない!」


まずは、「酔っているときは洗わない!」です。

ワイングラスを最も割ってしまうシーンはグラスを洗う時。
大切なワイングラスを洗わずに放置するのは気が引けますが、酔っているときは手元が大雑把になりがちです。洗っているグラスを蛇口にぶつけてしまったり、シンクに入っている他のワイングラスに当ててしまったり・・・。

酔っているときは何もせず、グラスは安定する場所に置いておきましょう。

グラスの底に残ったワインが乾くことで固まりますが、ぬるま湯を使えば落とせます。色素の付着が気になる場合は、キッチン用の漂白剤を少し垂らしてすすぎ、普段通りに洗えば大丈夫です。


▷ Point2 グラス専用の柔らかいスポンジで

ワイングラスのためのスポンジに洗剤を含ませる
グラス専用のスポンジを用意するのがおすすめです。

油汚れが付いたお皿を洗ったスポンジでグラスを洗うと、グラスに油分が付着してガラスが曇る原因に。スポンジは、グラス用と食器用を分けてみてください。柔らかいスポンジをグラス用にすると、グラスを傷つけることなく、グラスの形状にスポンジが自然に添うので不要な力を入れずに洗うことができます。

ご家庭用の中性洗剤をスポンジに含ませて、ぬるま湯(40℃~45℃ぐらい)で優しくグラスを洗います。
バーディ グラススポンジ
グラス専用に設計されたグラススポンジ。

▷ Point3 ボウル部分を包むように優しく持つ

ワイングラスのためのスポンジでワイングラスを洗う
ワイングラスのボウル部分を包むように優しく持ちます。料理の油脂分や口紅など、唇が触れるリムの部分に最も汚れが付くので、まずはこの部分をスポンジで軽く洗います。次にボウルにスポンジを入れて内側を洗います。ワインの汚れは水溶性なのでゴシゴシ洗う必要はありません。


▷ Point4 すすいだ後は、すぐに拭く

ワイングラスを洗う
洗剤をしっかりと洗い流し、グラスを逆さにして水気を切ります。そして、洗浄後はすぐに、グラス拭き(クロス)を使って拭きあげます。

「すぐに拭く」ことが肝心で、水分を拭きとらずに放置すると、グラスに白い水跡が残ってしまいます。


輝きをキープ!ワイングラスの拭き方

▷ Point1 大きめサイズのグラス拭きで

バーディグラスタオルL ワイングラス拭き
グラスを包み込めるぐらい、大きめサイズのグラス拭きを用意します。グラス専用のクロスか、毛羽立ちにくいリネン素材の布巾がおすすめです。大きめのものがない場合は、グラス拭きを2枚用意すると便利です。
バーディ グラスタオル M
プロの現場で愛されるグラス拭き Mサイズ
バーディ グラスタオル L
プロの現場で愛されるグラス拭き Lサイズ

▷ Point2 ボウルの外側を包み込むように持つ

グラス拭きでワイングラスを拭く
グラス拭きの片側でボウルの外側を包み込むように支え、もう一方をボウルの中に入れます。グラスをゆっくり回すようにクロスをスライドさせながら、ボウルの内側と外側の水気を拭き取ります。

この時に気を付けたいことが、ボウルと台座を持って、ねじるように拭くこと。ボウルを支えるステムの部分がポキッと折れてしまいますのでご注意ください。


▷ Point3 台座部分を包み込むようにして

グラス拭きでワイングラスを拭く
最後は、台座(=プレート)部分をグラス拭きで包み込むようにして支え、ステムと台座を拭けば完了です。洗浄も拭き上げもポイントは力を入れないこと。水分をさっと吸い取るイメージで試してみてください。


グラスの保管方法

ワイングラスの棚
特に、ブルゴーニュグラスのようなボウルに膨らみがあり、高さもあるワイングラスの保管場所を確保するのは意外と大変です。

可能であればワイングラスを購入する前に、ご自宅の食器棚のスペースを確認しておくことをおすすめします。台座(=プレート)の方がボウルより重いので、ワイングラスは立てて保管しましょう。

保管スペースが確保できない場合におすすめの方法は、ワイングラスの購入時の箱を利用することです。ワイングラスのために考えられた専用箱ですので、埃からグラスを守りながら安全に保管できます。


▷ ジャンシス・ロビンソン ワイングラス

UNCORKでは、シャンパーニュ、白ワイン、赤ワイン、ポートやシェリーといった酒精強化ワイン、全てのワインをたった一脚で楽しめる「ジャンシス・ロビンソン ワイングラス」を取り扱っています。

プレートの直径とボールの最大径が同じサイズ。美しく、食器棚にも仕舞いやすい形状です。

ワインのプロが愛用するワイングラスのお手入れグッズ


水と洗剤を含ませて数回握るととても細かい泡が生まれます。スポンジとの摩擦ではなく、泡で撫でて浮かせるように汚れを落としてくれます。
日本の技術で作られたグラス拭き専用のクロスです。高い吸水性と美しい磨きあがり。一度拭きでツヤがでます。

「ジャンシス・ロビンソン ワイングラス」を長く使っていただきたいという想いで、ワイングラスとグラス拭きのバーディグラスタオルLをセットで販売しています。


まとめ

ジャンシス・ロビンソン ワイングラスとステムレスグラス
使うグラスによって、同じワインでも、まるで別のワインを飲んでいるように感じることさえあるグラスとワインの相性。ご紹介したお手入れ方法を取り入れて、普段のワインも繊細なワイングラスで楽しんでみませんか?



プロが家で実践しているワイングラス洗い方・拭き方

動画で詳しくご紹介しています。




ワイングラスの種類と選び方、ミニマル派には万能型ワイングラスがおすすめ

ワインの個性を存分に楽しめて、自分にとって使いやすいワイングラスはどんなグラス?ワイングラスの種類とその機能について、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

グラス選びに迷っている方、買い替えをお考えの方、ぜひ参考にしてみてください。

ワイングラスの種類と選び方 グラス選びに迷ったら万能型ワイングラスがおすすめ




合わせて読みたい


脚=ステムのないワイングラス「ステムレスグラス」が今人気!メリットやおすすめのステムレスグラスについて




PROFILE

N.Kobayashi

UNCORKスタッフ。夫と娘と息子の4人家族。好きな人、好きなものに囲まれて暮らしたいを実践中。ワインに合わせて、旬のものをシンプルに食べるのが好き。J.S.Aソムリエ。