いぶりがっことチーズのオイル漬 100g 瓶

商品番号 002419
価格 ¥ 864 税込
8 ポイント付与
名称大根加工品
原材料名たくあん漬(秋田県製造)、食用オリーブ油(スペイン製造)、プロセスチーズ、料理酒、しょっつる(秋田県製造)、塩麹(秋田県製造)、グラニュー糖、黒胡椒、にんにく、 唐辛子、ローリエ/乳化剤、セルロース
原産地秋田県 にかほ市
容量内容総量:100g
栄養成分表示(1個あたり)エネルギー446kcal、たんぱく質6.6g、脂質39.5g、炭水化物15.9g、食塩相当量2.9g
賞味期限製造日から270日
アレルゲン
保存方法直射日光を避け常温で保存。保存料を使用していないため、開封後は冷蔵庫に入れてお早めにお召し上がりください。

燻した香りと複雑な旨味のハーモニー


名前の通り、いぶりがっことチーズをオイルに漬けたもの、です。

いぶりがっこ、とは、秋田を代表する漬物。生の大根を囲炉裏の天井につるし燻るので、独特の香り、風味、歯応えがあります。



これをチーズと一緒にオイルに漬けているのですが、このオイルにもポイントが。

秋田の県魚ハタハタからできる「しょっつる」という魚醤と、これまた秋田県産の塩麹でオイルを調味しているので、なんともいえない深いコクと旨味があるのです。

チーズも発酵食品なので、発酵調味料との相性はばっちり。

1つ1つ個性的な食材がうまく瓶の中でまとまっています。

いぶりがっことチーズのオイル漬け

まずはそのままパクリ。ワインをごくり。


一番のおすすめは、そのままワインと一緒に楽しむ、です。

いぶりがっこはコリコリっとした食感と、鼻から抜ける独特の燻香がたまりません。

チーズには「しょっつる」と「塩麹」、ダブルの発酵調味料の旨味が染み込んでおり、とにかく旨味が濃い!

オイルに漬けてあるのでチーズがほどよく柔らかくなっていて、舌の上でホロホロとほどけます。



そこにワインを一口。

ぶわっと香りが口の中ではじけて、さらに風味を強く感じます。

ワインによって口の中のオイルがきれいに流れるので、また食べたくなり、さらにワインが欲しくなる・・・という無限ループ。

最後に口の中に燻した香りと旨味がじわーっと長く残る最高のペアリングです。



スパークリングワイン、白ワイン、赤ワイン、どれにあうか試してみましたが おもしろいほどにどれも合いますので、そこはお好みで。

カットしたバゲットに載せてもいいですね。

いぶりがっことチーズのオイル漬け

ちょっとアレンジしてみた。


そのままでも美味しいですが、なにかアレンジしてみよう、と、最近居酒屋でよく見る「いぶりがっこのポテトサラダ」をつくってみました。

材料はジャガイモ、ゆでたまご、そしてこのオイル漬けだけ。

茹でたジャガイモをマッシュして、切ったゆで卵、「いぶりがっことチーズのオイル漬け」、マヨネーズ、そして塩コショウを混ぜたら完成です。



あればレモン汁やマスタードを足すと、さらに味わいが引き締まると思います。

ホクホクのジャガイモ、そして時々でてくるコリコリのいぶりがっこ。

ポテトサラダの酸味といぶりがっこの甘じょっぱさ、という食感&味わいのコントラストが楽しい1品です。

作り立てもいいですが、冷やすと熱でとけたチーズがまた固まってチーズ感が増します。

いぶりがっことチーズのオイル漬け

オイルも美味しいので、最後の一滴まで残さないで。


いぶりがっこ&チーズをワインと楽しんだ後の瓶には、たっぷりとオイルが残りました。

2つの発酵調味料の旨味、そこにいぶりがっことチーズから溶け出した旨味が重なった オイルを捨てるなんてもったいなさすぎる!

と、この残ったオイルでキノコを炒めてみることに。


フライパンにひと回し残ったオイルをいれて、それでキノコをさっと炒めるだけ。

炒めている時から、いぶりがっこの香りがふわーっとあがってきて美味しい空気に包まれます。

塩、コショウで味を調えたら出来上がりです。

いぶりがっことチーズのオイル漬け

もう1つ、オイルを楽しむアイデアを。


瓶の中にお酢(大体オイルと同じくらいの分量)と塩(または塩麹)を加えてから蓋をしてシャカシャカ振ったら、簡単で美味しいドレッシングのできあがり。

これを野菜にかけたらこれまた美味。

いぶりがっこはなくても、燻製のいい香りが口いっぱい広がります。

いぶりがっことチーズのオイル漬け

ぜひこれで最後の一滴までまるっと楽しみ尽くしてください。

おすすめ商品