アンコルク│10,000円以上お買い上げで送料無料!
ソムリエが選ぶ、ワイングッズとワインのおつまみの専門店 アンコルク/10,000円以上お買い上げで送料無料!
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  1. HOME
  2. コラム

ぎゅっと凝縮された濃厚な旨味「女川アヒージョ ほや」の楽しみ方とアレンジレシピ

女川アヒージョほや
みなさんは「ほや」をよく召し上がりますか?

関西生まれ、関西育ちの私はあまり「ほや」に馴染みがなく、どんな味だか実ははっきり知らず・・・

ということで、今回は生の「ほや」を取り寄せ、UNCORKで取り扱い中の「女川アヒージョ ほや」と食べ比べてみることにしました。「女川アヒージョ ほや」のアレンジレシピもご紹介しますので、ぜひお試しください!


「ほや」とは

ほや
でこぼことした突起物がついた赤い物体・・・なんだか南国の果物のような見かけで、 一見これが食べ物かどうか迷ってしまいそうです。

別名「海のパイナップル」と呼ばれる「ほや」は、生物学的に貝や魚ではなく、尾索動物(びさくどうぶつ)と呼ばれる動物。大きく分けると脊索動物の一種で、生物の分類上はヒトに近い海の動物です。

なんと2,000種以上いる海産動物の総称を「ほや」と呼び、その名前は「ランプシェードに当たる火屋(ほや)にかたちが似ている」ところから来た、といわれています。食用とされるのはほんの一部の種類だけであり、日本では「マボヤ」と「アカホヤ」(エゾボヤ)の2種類です。

「ほや」は鮮度が落ちるのがとても早く、時間がたつと独特の臭みが出てきてしまうことから鮮度のよいものは収穫する場所近郊でしか食べることができませんでした。しかし最近では加工・冷凍技術の進化がめざましく、生の状態でも美味しいものを手に入れることが出来るようになってきました。


「女川アヒージョ ほや」 とは

女川アヒージョシリーズ
寒流と暖流が出合う三陸沖は、世界有数の豊かな漁場の1つ。 「リアス式海岸」と呼ばれる海岸部は、波風が穏やかで養殖業も盛んです。

山々から海へと豊富なミネラルが川を伝って流れ込むため、三陸で養殖された貝類は大きく肉厚で旨味たっぷりに育ちます。

宮城県女川町も三陸の豊かな海の幸に恵まれた海辺の町の一つ。 そこでとれた海の幸の旨味をオイルで封じ込めたのが「女川アヒージョ」シリーズです。



「たこ」「ぷりぷりホタテ」「三陸かき」もありますが、メーカーさんのイチオシは「ほや」。

獲れたばかり、新鮮そのものの「ほや」を、オリーブオイル、トマト、にんにく、食塩、胡椒と一緒にアヒージョにしているので、よく「ほやの香り」と認識されているような独特の臭みも全くありません。

新鮮な「ほや」は、5つの味覚(甘み、塩み、酸み、苦み、うまみ)を兼ねそなえた、唯一無二の食材だ、と言われていますが、それが加熱することで更にぎゅっと濃縮されていてます。

女川アヒージョほや商品ページバナー


生の「ほや」と「女川アヒージョ ほや」を食べ比べてみた

生のほやと女川アヒージョほやの比較
とはいえ、生の「ほや」がどんな味かがわからないので、刺身用「ほやの殻剥き」を取り寄せ、「女川アヒージョ ほや」と食べ比べしてみることにしました。

こちらが生の「ほや」。1個まるっとそのまま入っていたので、食べやすいように1センチ幅くらいにカットしています。
生ほや
鼻を近づけて嗅いでみましたが、ほとんど無臭です。(強いて言うと、海水の香りがします。)これは鮮度抜群そう!期待大です。まずは何もつけずにそのまま一口。

しゃっきりとした歯ごたえと、岩ガキのようなミルキーな甘味、そして海の塩味、ととても複雑で奥行のある味わいが口いっぱい広がります。飲み込んでから、口の中に本当にわずかですが、牡蠣の黒い部分のようなほろ苦さがあり、確かに「5つの味覚(甘み、塩み、酸み、苦み、うまみ)」を感じます。これは美味しい!

では、それをアヒージョにした「女川アヒージョ ほや」の味わいはどうでしょうか。 こちらも一口。
女川アヒージョほや
加熱しているので、食感はこちらの方が柔らかくなっています。柔らかく煮込んだタコの足のような食感です。

噛み締めると、旨味がとても強く口に残ります。オイルを纏っているからか、口当たりがまろやか、でこちらの方が食べやすい印象。「ほや」の持つ5つの味わいはそのままに、ぎゅっと全体が詰まって凝縮されています。ほろ苦さは生より加熱したほうがマイルドになるようです。

こうやって実際に比較して食べてみると、「女川アヒージョ ほや」には「ほや」の味わいをしっかりと楽しむことができる1品なのだということがはっきり分かりました。


生の「ほや」と「女川アヒージョ ほや」を食べ比べてみた

まずは何もせずに、そのままで「ほや」の旨味を楽しんでください。 蓋をパカっとあけて、ワインや日本酒をトクトクっと注げば至福の時間の始まりです。

美味しいので、そのままペロリと1瓶食べてしまうかもしれませんが、実はいろいろアレンジしても美味しいので今回はアレンジレシピを3つご紹介します。


その1:ほやアヒージョバゲット

バゲットにのせた女川アヒージョほや

バゲット、またはパンの上に「女川アヒージョ ほや」を載せてトーストするだけの簡単レシピ。ポイントは、「たっぷりとパンにオイルを染み込ませること」です。

さくさくに焼けたバゲットを食べる度にふわっと鼻の奥に磯の香りがしてきて「海の恵みをいただいている~」という感じが味わえます。「ほや」を噛むとやわらかい歯応えの後に、貝のような濃い旨味を感じます。

~おすすめのワイン~

キリっと辛口の白ワイン、特に海に近い産地のものを合わせて下さい。イタリア・サルデーニャ島のヴェルメンティーノ種の白ワインなどがおすすめです。


その2:ほやアヒージョサラダ

女川アヒージョほやときゅうりとトマトのサラダ

作り方はとっても簡単。

ざく切りにしたきゅうり、プチトマト、「女川アヒージョ ほや」をボウルにいれ、塩をして軽く混ぜ合わせます。全体に味がなじんだら、「女川アヒージョ ほや」のオイルを少し足し、白ワインビネガーを入れて混ぜ合わせたら出来上がりです。

「ほや」の旨味はありつつ、ワインビネガーの酸でオイルがさっぱりとして飽きのこない美味しさ。アヒージョオイル自体に旨味があるので、それを全体にまとわせたこのサラダは味わいに一体感があります。

「ほやアヒージョバゲット」も「ほやアヒージョサラダ」も、「ほや」自体も美味しいですが、「ほや」の旨味がつまったオイルも美味しいので、具がなくなった後もオイルだけパンにぬってトーストや、サラダのドレッシングに使って最後の1滴まで美味しく利用してくださいね。

~おすすめのワイン~

きりっと冷やした白ワインやスパークリングワインに合います。シャープな酸のあるスペイン産のスパークリングワイン、カバなんかもいいですね。


その3:ほやアヒージョチャウダー

女川アヒージョほやを使ったシチュー

「ほや」は貝ではありませんが、食感・味わいが貝っぽいのでチャウダーにしても美味しいのでは?と作ってみました。

~材料(二人分)~

にんじん 1/2本
玉ねぎ  1/8個
女川アヒージョ 1瓶
小麦粉 大さじ1
牛乳100cc
白ワイン 適量
塩 こしょう


~作り方~

玉ねぎとにんじんとほやを炒める

にんじん、玉ねぎ、「女川アヒージョ」をざく切りにして、「女川アヒージョ」のオイルをたっぷりいれたフライパンで炒めます。
小麦粉をふりかける

ここに小麦粉を具材にかかるようにいれて軽く炒めます。とろみをつけるためのルーを作る工程ですので、「さらりとしたスープが好み」という方は入れなくても大丈夫です。
水をいれて具材を煮る

白ワインをいれてアルコールを混ぜながら飛ばし、そこに150ccくらい水をいれて具材に火が通るまで蓋をして弱火で煮ます。
牛乳をいれて更に煮込む

野菜に火が通ったら、牛乳をいれて塩・こしょうで味を整えたら完成です。 あればパセリを最後に振ってください。
女川アヒージョほやでつくったチャウダー

とっても美味しく出来上がりました!

煮込むことで旨味が溶け出し、さらに凝縮して余韻の長い濃厚な味わいのチャウダーになりました。全くコンソメや出汁を使っていないのに、この深いコクが出るのは元々の「ほや」の旨味が強いから。

他の2品に比べると「ほや」が食べやすくなるので、お子様にも喜んでいただけると思います。

~おすすめのワイン~

このチャウダーがとろーりクリーミーな味わいなので、ワインはフルボディで樽熟成をした白ワインが合うでしょう。南フランスや南イタリアのボリュームのあるシャルドネ種のワインなどがおすすめです。




いかがだったでしょうか?

生まれて初めて知った「ほや」の美味しさの魅力、ぜひぜひ皆様にも知っていただきたいな、と思います。

といっても、新鮮な「ほや」はなかなか手に入りにくいもの。「女川アヒージョ ほや」なら保存も効くので、ぜひご自宅に1瓶置いておいてくださいね。



あわせて読みたい

保存食アレンジレシピコラムバナー



ご紹介したアイテム

前へ
次へ
S.Tsujimura

プロフィール

S.Tsujimura

UNCORKスタッフ。夫と2人の子供と4人暮らし。お酒は弱いが、お酒&美味しいものを人と囲む空間が大好き。家で食べるごはんが大好きで、平日はノンアルコールワイン、週末にワインを一緒に楽しんでいます。J.S.Aソムリエ。

© MOTTOX INC. All Rights reserved.
20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。20歳未満の方への酒類の販売はいたしておりません。